あなたに合ったダイエットは?【青汁と酵素】で健康美人

私が行ったダイエット

もともと私はそこまで太っている方ではないのですが、
大学在学中に講義が少なくなってくると、
間食が増え太ったことがありました。

 

間食をやめればいいのですが、
お菓子を食べるのが趣味みたいなものでしたので、
他の部分で努力してダイエットをしようと思いました。

 

そこで私はインターネットなどでダイエット方法を検索して、
自分なりのダイエットを始めました。

 

まず食事ですが、食事量の制限などはしませんでした。

 

代わりに、おかずやご飯などの食べる順番を変えました。
食べ物の消化効率は、満腹時よりも空腹時のほうが良いそうです。

 

つまり、食事のときに先に炭水化物や肉を食べてしまうと、
太りやすくなってしまうそうです。

 

そのため私は先にサラダなど、野菜類を食べることを心がけました。

 

ある程度野菜を食べておくことで、
炭水化物や肉を食べ過ぎてしまうこともなくなり、
この点でも順番を決めておくことは良い方法ではないかと思いました。

 

運動については週2〜3回、帰宅後に15〜20分くらいのジョギングをしました。
軽く走っていたので距離的には2〜3キロ位になるかと思います。

 

靴は厚底なものは避けました。
ジョギングをはじめてすぐの頃はなかなかつらかったですが、
慣れてくると楽になりました。

 

ひと月もたつと、たるんでいた足もいくらか引き締まったように思いました。
筋肉をつけると、一日のカロリーの消費量も自然と増えるため、痩せやすい体になるそうです。

 

私はこのようなダイエットを行い、
ふた月程度で5〜6キロ痩せることが出来ました。
あまり激しい運動を急に始めなくても、
食事の仕方の工夫と、ウォーキングやジョギングなどの軽い運動で、
十分な効果は得られるのではないかと思います。

 

 

食べることが好きな人におすすめ食べる順番ダイエット

つらい食事制限は嫌、体を動かすのが面倒な人におすすめのダイエット方法が食べる順番ダイエットです。

 

食べる順番を変えるだけで食事の内容を変えなくていいので、
食べるのが好きな人に向いています。

 

食事で気をつけたいのは血糖値の上昇です。
血糖値が高くなると糖を取り込むインスリンが分泌されます。
インスリンによって取り込まれた糖が筋肉や肝臓で使われずに余ると
脂肪細胞になり肥満につながります。
血糖値が高くなればなるほどインスリンの分泌量が増えます。

 

つまり、血糖値が上がればがるほど太りやすくなり、
逆に血糖値があまり高くならなければインスリンの分泌量が少量で済み、太りにくくなるのです。

 

食事の初めに野菜を食べることで血糖値上昇が抑えられダイエット効果を得られます。

 

野菜には食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維には水溶性と不溶性があります。
水溶性食物繊維は水に溶けてゲル状になり、
一緒に食べた糖を包み込んで吸収を穏やかにします。
ゆっくり吸収されるので、血糖値の上昇が抑制されます。

 

野菜を先に食べて血糖値の上昇を抑えたら、
次にタンパク質を多く含む肉や魚、大豆製品を食べます。
タンパク質も血糖値を上げません。

 

最後にご飯やパンなどの糖質を多く含むものを食べます。
先に野菜を食べて満腹感を得ているので、
糖質の食べ過ぎを防ぐことができます。
気をつけたいのが甘い野菜と芋類です。

 

カボチャ、トウモロコシなどの甘い野菜や芋類は糖質を多く含んでいます。
ポテトサラダ、マカロニサラダも糖質が多いので、サラダと名前がついても最後に食べます。

 

食べる順番を変えるだけで食事内容を変えなくてもいい簡単なダイエット方法です。

 

 

酵素の活動について

酵素とは、食べ物の消化吸収をはじめ、
体内で起こるあらゆる化学反応に関与しているタンパク質のことです。

 

体内にもともと存在し、さらに常に体内のアミノ酸を合成して新しく作られているものですが、
生の食べ物や発酵食品で摂取できる体外酵素(食物酵素)という外部からとりこめる酵素もあります。

 

ですから納豆や甘酒などから酵素を補給することは
理にかなった健康法なのですが、
酵素ドリンクの場合はいかがなものでしょうか。

 

酵素は熱に弱く、48度を超えると活動が弱くなり、
60度を超えるとほぼ失活してしまいます。

 

市販の酵素ドリンクで「酵素を摂りましょう」といわれていますが、
通常、清涼飲料水として販売をする場合、
65度で10分間以上の加熱殺菌をしなければいけないと法律で義務付けられています。

 

そのため、熱に弱い酵素はすでに失活している状態。

 

また、そもそも植物発酵エキスはとても高価なもの。
100%原液のままのものは少なく、市販されている多くの酵素ドリンクは5〜10倍に薄めたものが多いようです。

 

しかも中には大量に含まれた白砂糖が分解されずにそのまま残っている。
それだけならまだしも、ブドウ糖果糖液糖や人工甘味料などが添加されているものも少なくありません。
これでは、酵素を補給できる健康によいドリンクとは言い難いものがあります。

 

そもそも酵素ドリンクという名称がこのような誤解をうんでいるのかもしれません。
誤解を招かないためにも、このように作られたドリンクに関しては、
植物発酵エキスや発酵代謝物、発酵飲料と呼ぶべきでしょうか。

 

 

 

青汁にはさまざまな効果がある

青汁はダイエットにも向いている健康食品です。
青汁は食物繊維が含まれているので便通を改善する効果があり、
なおかつお腹を満たしてくれるので自然と食べる量も減らすことができます。

 

あくまで健康食品なので、
過度な期待は禁物ですが、
青汁はダイエット補助には最適な飲み物です。
食物繊維以外にも、
ビタミン類が豊富に含まれているので肌も調子もよくなるため綺麗に痩せていくことでしょう。

 

必要なビタミン類が青汁には含まれているので、
体の調子も良くなり病気をしにくい体に近づけることができます。

 

青汁に含まれている栄養分はどのメーカーでも似たり寄ったりですが、
ダイエットに向いているのは明日葉ですね。

 

明日葉がたくさん含まれている青汁を飲むと
脂肪を燃焼しやすくしてくれるのでおすすめです。
明日葉に含まれているカルコンは明日葉からしか摂取することができません。
このカルコンという成分は血液の流れを良くする、
つまり新陳代謝を良くしてくれるのでダイエット中の人は是非摂取してほしいですね。
青汁を飲みながら運動も行なえば比較的楽に体重を落とすことができるはずです。

 

また、カルコンはセルライトを取り除いたり、
二日酔いや胃もたれを改善する効果もあります。

 

青汁というと女性が好んで飲みそうなものですが、
男性の方も積極的に飲んでほしいです。
特に飲み会が頻繁にある人は二日酔いを防ぐ良い薬になると思います。

 

青汁はどのメーカーでも良いというのではなく、
効果が出やすいものとでにくいものがあるようです。

 

また、人によって効果の出方も違うため、自分に合うものを見つけるのが一番です。

 

 

酵素ダイエットの注意点

酵素ダイエットにはいくつか注意点はありますが、
その中でも一番の注意点はというと、無理をしない事です。

 

酵素ダイエットは短期間ダイエットにも効果があると言われていますよね。
もちろん誰だって長い間ダイエットをするよりも
短い間に効果が出た方が嬉しいに決まっていますが、
無理をして行うことで、
途中で挫折してしまったり場合によっては体調を崩してしまうかもしれません。

 

酵素ドリンクを使っての断食も長くて2日、
ファスティングダイエットも無理をしないスケジュールを立てるようにしましょう。

 

また、酵素ダイエットで用いる酵素にはたくさんの酵素や野菜のエキスが凝縮されています。
なので、栄養価がかなり高いものとなっているのですが、
だからといって酵素ドリンクのみに頼らず、
置き換えダイエットをする時でもお昼や夜ごはんは野菜中心にしながらも、
バランスのとれた食事を摂るように心がけましょう。

 

そして、酵素ドリンクの種類によってはクセがあって水で割るだけでは飲みづらいタイプのものも中にはあります。

 

そうなると、口当たりが悪いのでどうしても飲むことに抵抗が出てきてしまうのですが、
水や炭酸水で割るのが基本とはなっているものの、
牛乳や豆乳などに入れるなど、好きなドリンクに入れて飲むことができます。

 

この時、甘みの強いものだったり炭酸飲料など、
糖分がたくさん含まれているような飲みものと一緒に飲まないようにしましょう。
カロリーも高くなってしまいますし、
混ぜる飲み物によっては酵素が破壊されてしまうからです。

 

また、いつもよりもこまめに水分を摂ることも大切です。
水分が不足する事で血液の循環が悪くなったり代謝が低下してしまうので、
酵素ドリンクと併せて水分もしっかりと摂っていくようにしましょう。

 

 

脱毛クリームで起きた肌トラブルについて

様々な脱毛器や脱毛クリームに手を出します。
クリニックやエステ等での処理ならまだいいのですが、
自身で選ぶ脱毛器やクリームに関しては細心の注意が必要だと思います。
ここでは、脱毛器の話ではなく脱毛クリームで実際に起こった肌トラブルについて話したいと思います。
ある友人が、ネットでランキング1位の脱毛クリームが気にって購入したという話を聞きました。
ネットで調べてみると確かに口コミランキングや売上ランキングでは1位となっていました。
友人宅でそのクリームを使い脱毛を始めると5分もしない内にかなり痛み出したらしく、
慌ててクリームを流し出しました。
痛みはかなり強くなり当てていたタオルを取ってみると、
クリームを塗っていた部分の毛穴は大きく穴が広がっており、
所々血も滲んでいました。
かなり悲惨な状態になっていたので病院に行き処置をして貰ったようですが、
痛み自体は2週間ほどは続いたようです。
確かにこのクリームはランキングも上位にはなっていましたが、
よく検索をしいると同じようなトラブルがあったとの報告も見つけたのでしたが、
やってしまってからでは遅いのです。

こういった毛を溶かすというクリームは特にトラブルも多いようなのできちんと調べつつ、
肌に乗せる時はパッチテストを行ってから脱毛をするべきなのだと痛感しました。
是非皆さんも、ランキング等の判断だけではなく、 その他の情報も確認はして下さい。